お葬式の1シーン

家族葬のメリットとデメリットについて

話題となっている家族葬儀について調べてみました

女性・男性

最近新しい葬儀の形として、家族葬を選択する方々が増えています。
この葬儀は、家族や親族、親しい友人の範囲だけの葬儀になります。
私も、家族や近親者のみで葬儀を行う方が良いと考えています。
そこで様々な事を調べて分かった事をメリットとデメリットに分けて、紹介して行きたいと思います。
では、この葬儀方法のメリット・デメリットについて紹介して行きたいと思います。

家族葬のメリット

まずはメリットになります。

  1. ・少人数のお葬式になる為、料理や返礼品などのおもてなし等にかかる費用を 抑える事が出来る。
  2. ・あらかじめ葬儀にかかる予算を出す事が出来るので、 追加料金等が発生しにくい。
  3. ・大きな斎場を利用しないので経済的。

これらがメリットとして挙げられます。
一般な葬儀ですと葬儀の準備や参列者の方々の対応等で、せっかくの故人との別れの時間を作る事が出来ない事や不慣れな事が多々有り、家族の心身共に負担が増える事になります。
そこでなるべく小規模で費用を半分以下に抑えられ、そのような心身の負担を軽減し、時間に追われることなく個人との別れにじっくり向き合える事が現在求められているのでこの葬儀方法が選ばれている理由にもなっています。

家族葬のデメリット

こんなにいい事がある家族葬ですが、デメリットもあります。

  1. ・弔問客の対応が後から必要になる。
  2. ・予期せぬ弔問客が訪れて、葬式に混乱をきたす可能性がある。
  3. ・世間体や昔からの週間を大事にする親族からの反対。

これらがデメリットとして挙げられます。
親族の中には、昔からのやり方を大事にしている方もいますので、事前にこの葬儀方法を選択した理由についてきちんと説明し、理解して頂く事が必要です。
また、葬儀の後に故人の死について一般の方々に報告しますので、たとえこの葬儀方法が故人の遺志であったり、家族や親族で決めたとしても「知らせて欲しかった」と言われてしまう可能性が想定できます。
このようにメリットもデメリットもある家族葬ですが、きちんと葬儀のあり方について理解し、事前準備をしっかり行う事でより良い葬儀になるのです。

最新記事

注目HP