家族葬を行う時の注意点

家族葬儀のメリットとデメリットを考えよう

近年多く行われるようになっている家族葬は、無くなった人の家族だけでこっそりと行われる葬儀の事でそれほど大掛かりにならないのであまりお金をかけずにスムーズに葬式を行う事ができます。
このお葬式では家族や親戚など少人数が集まって葬儀を行うのでかなり狭い空間でも葬儀ができます。
この点がメリットですが、遺体との対面等遺体を自宅に置いておかないといけないような場合もあります。
その場合、しっかりとした葬儀屋を選ばなければ遺体の腐敗が促進されてしまうような場合もあります。
そのため少々注意が必要になります。

家族葬儀には段取りが大切です

また家族ばかりが集まるのでしっかりと仕切り役がいないと遺産相続などの問題でもめてしまう事もあるので少々注意が必要になります。
あまり普段は集まる事のない家族が一堂に会する時には特にしっかりと考えて葬儀を行わないと予想もできない問題が起こってしまう事もあります。
時には無くなった人に隠し子がいたり、多額の借金が残っていたりするとそうした借金も相続されるので場合によってはおおごとになってしまいます。
家族葬は簡単に行える印象が大きいですが、その分家族間での問題が大きく表面化しやすい事もあるのでしっかりした管理が必要です。

家族以外の親しい方々へのご挨拶も忘れずに

 家族だけで行う葬儀の場合には家族間での連絡はもちろん大切ですが、それ以外の人に対しても無くなった人がいるという事を知らせていかなければいけません。
はがきでまとめて書くこともできますが、家族だけで行うのは精神的に難しい事もあるので周囲のものが協力できるような場合にはしっかりと協力が必要です。
家族葬を行う時には十分な広さがあれば家庭で行うのもよいですが、できれば場所を借りてお寺で行うのが良いでしょう。
そのまま火葬や埋葬もできるような状態であったほうが時間もかからずに効率的に葬儀を行う事が可能です。