葬儀のときの喪服選びの注意点

重要なのが葬儀の服装

人生の中で避けて通れないのが、親戚やお友達などの葬儀です。
葬儀に参列するときに意外に悩んでいしまうことに、喪服があります。
ここでは、初めて参列する人に喪服にまつわるマナーをお教えします。
まず喪服には、「正式」と「略式」があります。
正式の喪服を着用するのは、故人の親族の3親等までとなります。
ここでは参列者の喪服として、略式の喪服を紹介していきます。

男性よりも女性の服装が難しい

まず男性は、上下黒のブラックスーツがベストです。
ワイシャツは白で、ネクタイ、靴下、靴は黒にしてください。
そして、ネクタイピンや胸ポケットのチーフなど、余計な物は付けないほうがいいです。
一方、女性ですが、黒のフォーマルスーツかワンピースを選ぶようにしてください。
よって、七分丈・五分丈・半袖など、季節に合わせて選ぶようにするといいでしょう。
インナーは、黒です。
肌を見せることが好ましくないため、襟が詰まったものが良いでしょう。
ジャケットとワンピースのセットを用意しておくと、四季を通じて着ることができます。
そして、注意ポイントはスカートはひざ下丈がベストです。
あまりにも短すぎるスカート丈ですと、葬儀の場にふさわしくありません。

アクセサリーを身につける上でのポイント

アクセサリー類はどのように選べばいいのかというと、パールが一番ふさわしいです。
というおは、パールは「涙」を意味していますので、喪の場面でも許されるアクセサリーだからです。
真珠以外のアクセサリーとしては、オニキスや黒曜石など黒系のものを選んでください。
また、ネックレスは必ず一連のものにしてください。
二連以上のものは「不幸が重なる」という意味に繋がるため、忌み嫌われます。
喪服のマナーは難しいというイメージですが、大切なことは相手を思いやる気持ちです。
自分ができる範囲で、精一杯の気持ちを服装で表現してみましょう。